本文へジャンプ

花き・球根

五泉は花き球根の産地として、質、量とも全国トップクラスに名をつらねています。

五泉市における球根栽培の始まりは昭和初期で、昭和24年には巣本村球根組合(現=五泉市花卉球根組合)が設立され、以降栽培農家や面積の拡大を図りながら現在に至っています。

五泉市チューリップまつり


チューリップの豆知識

連作はできません

チューリップは同じ畑で続けて栽培することができません。これは土の中に病気が出るためです。そのため、チューリップまつりも毎年少しずつ場所を変えながら開催しています。近年は巣本地区一本杉地内の数ヶ所を選び、5年程度のサイクルで会場を変えています。


花摘みは春の風物詩

チューリップ畑のチューリップは、球根を育てるために栽培されているものです。そのため、球根に栄養がいくよう、花が散る直前に、手で花を摘んでしまいます。もったいない気もしますが、毎年の春の風物詩です。その後土の中で球根を太らせ、6月末ころに収穫します。

 

チューリップ・ユリなどの植え方(新潟県花卉球根農業協同組合)


また、牡丹(ぼたん)栽培の歴史も古く、県内の生産量のほとんどが五泉から出荷されています。

 120品種、5,000株 大輪の花の競演!!→『ぼたん百種展示園

 

 

ふるさと納税でも提供中

チューリップ、ユリの球根、ボタンの苗木などは、五泉市のふるさと納税特産品でも提供しています。

五泉市ふるさと納税特産品



このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 農林課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-43-0390